「幸せ」の住む街

「幸せ」の住む街

NHK BS「世界ふれあい街歩き」
今回は 南フランス バスク地方の
中心地として栄えた街バイヨンヌ

川沿いに歩いて行くと 
沢山の人でにぎわう 朝の市場に出会った

孫の洋服を買うおばあさん 古着を手に
「ぜ〜んぶ 1枚1ユーロ(130円)!
だから店は大繁盛!! これブランド品
ちょっと流行すぎた服だけどね.......」 

八百屋 花屋 その隣はチーズ屋さん
「全部地元のチーズだよ 
ブルビ(羊)のチーズが一番人気」と店主

「この大きなチーズの塊 1週間で無くなるの
サクランボジャムと一緒に食べるのがバスク風」 と老夫婦
いつ行っても 市場は賑やかで 楽しい

ゴシック様式の大聖堂を過ぎアーケードに
路地では テーブルを出してワイワイ
親しい仲間や 通りすがりの人を巻き込んで
伝統の生ハム チーズ パンをつまみながら
朝から食前酒を楽しんでいる

チョコレートで作られた花束を抱えた男性が歩いて来る
「妻へのプレゼント」なのだそうだ

結婚を目前にした派手な格好の女性と
女友達の集団がにぎやかにやって来た これも伝統
笑い声の絶えない街

静かな路地もあった
弦楽器の修理と製作をしているアトリエ
3人の職人さんが助け合って 
古い楽器を 黙々と修理している

旧市街を取り囲む城壁
お堀の下には なぜか沢山のヤギとヒツジ

「ヤギたちみんな 街の芝刈り部隊さ
40%を緑地が占めるバイヨンヌを巡回して
草刈りをやっているんだ」

20年ほど前から導入された これぞ究極のエコシステム!
街もヤギも たがいに支えあって暮らしている
バイヨンヌの人たちの 優しさが伝わって来る

番組のサブタイトルは
「みんなの心がひとつになれる「幸せ」の住む街 

「幸せ」の住む街 世界中に増えてほしい!