ホームりんご店長日記 連載中!
りんご店長日記 連載中!
りんご店長日記 連載中!:830
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... 42 次のページ»
2016年12月01日

はやいもので
今日から12月
何だか気ぜわしい
「時間どろぼう」に気をつけなくては・・・

午後から所用で外出
浄土真宗のお寺の前を走行中に
急に飛び込んで来た
門前の掲示板のことば

「一番は
 すごいけど
 それより
 すごい
 ビリもある」

なるほどねぇ~!

りんご店長
急に あることばを思い出した

長男の通っていた
保育園の運動会
かけっこのゴール地点で
担任の西谷先生が
園児たち 一人ひとりに   
大声でかけていたことば

「みんなが いっとうしょう~!」

忘れられないことば

2016年11月02日

沖縄の帰り 大阪に来ています
母に会うためです

今日は 母の93歳の誕生日
娘夫婦 孫 ひ孫たち 皆んなで9名 
賑やかに集まりました

元気な93歳

母の口癖は
「こんな元気なのは りんごジュースのおかげ!」
「安幸さん ほんま ええもん 作ってくれはった...」

母は医果同源定期会員の第1号
しかも最年長
2005年から11年間
ずっと飲み続けています

毎日の楽しみは買い物
日本一高いビル あべのハルカスの
近鉄百貨店の地下食料品売り場まで
杖もつかず 歩いて出かけます
今日も かぼちゃとメロンパンを
買って来ました

「100歳まで 生きよと思ってる...」
沖縄では97歳「かじまやー」が長寿のお祝い
まずは97歳めざしましょう

2016年10月30日

「世界のウチナーンチュ大会」も
とうとう最終日です

BEGINの「島唄」に
かりゆし58の「アンマー」や
ディアマンティスの歌・・・

スタジアムはウエーブの波
こんなウエーブ 初めて!
沖縄をルーツとする人たち
ウチナーンチュの波です

また会いましょう! 
海外にもどるシロタさんたちと
再会の約束をして
「シロタ博士のりんごジュース」と「りんごの花はちみつ」を
お土産に手渡しました

2016年10月29日

世界のウチナーンチュ大会に
海外で住むシロタさんも
ハワイ ロサンジェルス ペルーなどから
集まりました

ロスから来たジョン・ヒロシおじさん
ハワイのエイミーとローリー親子
ダークとリック兄弟・・・
沖縄や東京の親戚も集まり25人
宜野座にある城田のお墓に
お墓参りに出かけました

お墓の前で記念撮影
リックがハワイから持って来た
綺麗なレイを
墓前にそっと供えました

2016年10月27日

いよいよ
第6回世界のウチナーンチュ大会の
開会です

沖縄にルーツを持つ
世界のウチナーンチュ(沖縄人)が
開会式会場のセルラースタジアムに集まりました

海外からはハワイ アメリカ本土 ブラジル ペルー など
世界26カ国と2地域から約7000人が参加
沖縄始め国内からのウチナーンチュも合わせて
会場はすごい熱気! すごいパワー!!
こんな経験は初めてです

ライブで聴く
夏川りみ の「涙そうそう」
心にしみました・・・

2016年10月27日

首里 金城(かなぐすく)の大アカギに
会いに行きました

以前訪れたのは2005年
11年振りの大アカギの森は
いっそう鬱蒼と茂り
霊気が満ち満ちていました

樹齢300余年の大アカギに
年に一度 神様が降りて来て
願い事を一つだけ 聞いてくれると
伝えられています

神降りる大アカギに
たった一つの
お願いをしました

2016年10月26日

世界のウチナーンチュ大会に
参加のため 沖縄に来ています

夕方3時から 国際通りで
前夜祭パレードがスタート
それまで時間があるので
所長で夫の城田の提案で
「とある古本屋」に行く事に・・・

店の名前は? 住所は???
分かっているのは
牧志公設市場の近く
店主は若い女性
沖縄本が中心で
日本一狭い古本屋らしい・・・

雑貨屋のおばさんに尋ねると
「あ〜あそこね
右に曲がって沖銀の斜め前
漬物屋と洋服屋の間にあるさ」

簡単に見つかった
「市場の古本屋 ウララ」

あいにく店主さんは不在
アルバイトの若い女性が
路上に座って店番中

城田は『石器時代の沖縄』
りんご店長は 店主が書いた
『那覇の市場で古本屋』を買った

これからパレードの
出発地点に向かいます
 
2016年10月15日

ボブ・ディラン おめでとう!



2016年10月06日

3歳の孫娘が
さくらんぼ さくらんぼ と呼ぶ

小さな小さな りんご
マルバカイドウ

やわらかい 
陽ざしを浴び
鈴なりに 輝いています

ちいさい秋 み〜つけた
2016年09月29日

もももすもももももももも
もの数 あってるかな??

西洋すもも
シュガープルーンが
りんご園でたくさん色づいています

皮はおしゃれな紫
果肉は可愛いオレンジ色

甘くて酸っぱい 爽やか系!

オーガニック認証の
医果同源シュガープルーン

来年の秋から
お届けできる予定です
お楽しみに!

2016年09月18日

標高425メートルにある
医果同源有機農場のりんご園

やっと出会えた
ニホンカモシカさん

わずか3メートル先の
りんごの木の下で
下草を美味しそうに食べています

急にハッと こちらに気づき
目と目が しっかり会いました

何ともやさしい目です

2016年09月14日

青森高校1年の生徒さんが
文部科学省が推進する
プロジェクット学習の一環として
フィールドワークで
医果同源社にやってきました

課題研究テーマは
「りんごと癌」

生徒さん4人の将来の夢は
1人が薬剤師
3人がお医者さん

みなさん熱心に
所長 城田安幸の講義に
耳を傾けていました
アッという間の 2時間30分 

何のために 研究するのか
どう 生きるのか……

所長の思いが
少しでも伝わってくれれば
うれしいです

「とっても楽しい授業だった!」と話す
みんなの爽やかな笑顔が
素敵でした

若いみなさんに 心から拍手!!

2016年08月24日

いかがお過ごしですか
夏の疲れは残っていませんか

弘前では「ねぷたの夏」も去り
もう秋の気配です
真っ黒に日焼けした子どもたちが
夏休みの宿題を手に
元気に登校しています

7月の収穫では
緑で小さかった未熟りんごたち
成熟りんご用に残しておいたりんごが
まっ赤に色づき始めています

アキアカネ飛ぶ空のかなた
どっしりと天にそびえる岩木山が
遠くから眺めています

2016年08月01日

弘前ねぷたまつりが
始まりました

今年もメインストリート
一番町のはんこ屋 三照堂さん前の
いつもの席から 楽しみます

ゆっくり のんびり
最高のご褒美です

ドンコドンコ ドーンコドン
太鼓と笛の ねぷた囃子
沿道から 思いっきり 
拍手を送ります

1時間ほどすると
来ました 来ました!
ひときわ目立つねぷた
弘前大学ねぷたです

りんご店長
すかさず 孫娘の手を引き
見慣れた顔の列に
飛び入り参加です

大きな声で ヤーヤド〜
みんなと一緒に ヤーヤド〜
力を込めてひきました

津軽の夏
ねぷたの夏です

2016年07月22日

今年も一年で 
一番忙しく 一番うれしい
季節がやって来ました
未熟りんごの収穫です

ベテラン農家のお母さんが
今年も大活躍!

手かご片手に はしごに登り
あっと言う間に
手かごは りんごで一杯に
みなさん仕事が速い そして丁寧

「平均年齢は75歳だな ハハハハハ」
お元気そのもの 明るい明るい

10時と3時のお茶の時間
ホッと一息ついています
山ほどの朝採りきゅうりと
かご一杯のゆで卵まで
差し入れに持って来られ
みんなで一緒にいただいています

老熟パワーと若い力が
一つになる10日間です

2016年06月30日

医果同源社から
車でわずか5分
いつもお世話になっている
ゴールドパック青森工場で
今日は午後から
夏詰め医果同源の製造です

製造時には毎回欠かさず
スタッフと工場に出向いて
いつの間にか12年目になります
あっという間だったような
ここまで辿り着くには長かったような・・・

まず最初にテイスティング
それからラインに立ち会います
工場内はリンゴの甘い香りと
ビンが触れ合う音で活気づいています

しばらくすると
充填したての温かい医果同源が
冷水シャワーをたっぷり浴びて
程よく冷えてラインから
ゆっくりゆっくり出て来ます

何度見ても うれしい光景!

夏の暑さにピッタリ
飛っきり体に良い
医果同源14000本
美味しく出来あがりました!

2016年06月21日

7年間にわたり
農薬・化学肥料を散布していない
シロタ博士のりんご園

受粉のために
地元のベテラン養蜂家が
ミツバチたちを放ちました
5月17日からわずか1週間のことです

放たれたミツバチたちは
寒い北の春にもかかわらず
いっしょうけんめい 
りんごの花から花へと飛び交い
蜜を集めてくれました

18ヘクタールの農場で
集まった蜜はわずか96キロ
本当に貴重で希少なハチミツです

元気な彼女たちが
集めてくれたハチミツは
ろ過しただけの何も手を加えない
「純粋はちみつ」
ハチミツに含まれる酵素や栄養成分
風味もそのまま生きています

ほんの少しですが
巣箱から採れたままのおいしさを
みなさまに味わっていただけることを
ありがたく感謝しています

2016年05月28日

アノマロカリス!
小3の孫息子から
教えてもらった名前

口が円形で360度に歯がある
5億年前のカンブリア紀の海にいた
最強最大の生物 スター的存在らしい

買って欲しい本があるの!
付録に「アノマロカリス フィギア発掘セット」が
ついているの! と孫息子

アノマロカリスに
一目会いたい りんご店長
さっそく二人で本屋さんへ

付録に「アノマロカリスフィギア発掘セット」が付いている
『ドラえもん もっと! ふしぎのサイエンス』くださ〜い…と孫

帰ってくるなり
付録のハンマー、たがね、はけを使って発掘開始
やがて出て来たアノマロカリス

中国では体長2メートルもある
巨大化石が出て来たらしいが
フィギアは小さい小さい 8センチほど

付録に付いてたドラえもんを
アノマロカリスの背中に乗せると
5億年前のカンブリア紀に
タイムスリップ!
アノマロカリスに きっと会える!!

2016年05月22日

りんごの花の
甘い香りがたちこめる
医果同源りんご園では
地元の養蜂家 藤田さんが放った
ミツバチたちが
忙しそうに飛び回っています

ところでミツバチの働きバチが
みんなメスだってご存知でした?

しかも働きバチの仕事は全て分業
花蜜や花粉を集める仕事
幼虫の世話係 
巣部屋の掃除当番
暑い日には翅で風を送る仕事
女王バチの世話
外敵防御! ガードマンの仕事まで

ミツバチの働きバチは
立派なキャリアウーマン!

働きバチさんのおかげで
今年も貴重なハチミツが集まります
ありがとう!!

写真は 
暑い日にひたすら風を送る
送風係のミツバチ扇風機さん

2016年05月15日

標高425メートルの
医果同源有機農場では
今 りんごの花が満開です

農薬を一切まかないりんご園は
生きものたちの楽園!

淡いピンクの花
りんごの花の 甘い香り

花の季節に
どうぞ おこしください
まるで 別世界にいるようです!

«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... 42 次のページ»