ホームりんご店長日記 連載中!
りんご店長日記 連載中!
りんご店長日記 連載中!:826
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 42 次のページ»
2015年04月01日

山の医果同源りんご園
春の日ざしをうけ
どんどん雪がとけています

雪の下から
落ち葉を突き破って
顔を出した
蕗の薹 「ばっけ」を
見つけました

うれしい 春の香り

今日から四月
何もかも
新しく始まる
春です

2015年03月25日

山のりんご園に向かう途中
田んぼでエサをつついている
十数羽の白鳥さんたちに
出会いました

のんびり眺めていると
とつぜん二羽の白鳥が
飛び立ちました

そろそろ
シベリアへもどる時期
長〜い長い 旅に向けての
準備飛行かな・・・

仲良く
二羽そろって一直線
青い空に吸いこまれて
ゆきました

三月 別れの季節です

2015年03月19日

森のりんご園を
堂々と動き回っている
足あと発見!

2つに割れた
大きなひづめ
カモシカさんです!

日本だけにしかいない
特別天然記念物の
ニホンカモシカ

環境大臣から
希少野生動植物保存推進委員に
任命されている連れ合い
農場にいても
いつも森の生き物たちに
心を寄せています

去年 カモシカの親子に
出会っているので
今年こそは
映像におさめたい と
張り切っています

やさしい目をした
森のカモシカさんに

今日こそ 
きっと 出会える
気がする !!

2015年03月12日

有機認証を取得した
医果同源「りんご大学附属農場」
所長と悠平さんが
太陽光発電パネルを設置しました

発電量は14ボルト
今日は晴天なので
バッテリーの充電量は100%
8ワットのLEDライトが8個
パネル3枚に蓄えられた電気で
森の事務所を照らしてくれます
明るい!!

次はパネルを30枚に増やす計画
りんご園の防風ネットを利用した
太陽光発電に取り組む予定です

昨日は3・11
震災から はや4年がたちました

被災地の復興は 
まだまだ道半ば
福島には 除染廃棄物が
山積みにされています

原発事故さえなければ・・・

これから生きてゆく
子どもたちに
明るい未来を渡すために

りんご店長 
スタッフみんなと
腕まくり 腕まくり

2015年03月01日

今日から 弥生 三月
有機認証を取得した
医果同源りんご園
雪はあっても
光は春です

カモシカ キツネ テン ウサギさん・・・
森の生きものたちの足跡が
遠くまで続いています

春の足音も
聞こえてきました

生きものあふれる りんご園
春はそこまで来ています

2015年02月20日

昨日は二十四節気の雨水(うすい)
これまで降っていた雪が
しだいに雨に変わり
積もった雪も解け始める頃

今日の弘前は 雨水そのもの
晴天が広がり 
外気温3度の暖かさです

スタッフのみんなは
朝からりんご工場で
有機りんごの搾汁です

有機認証を取得した
医果同源りんご園で
雪が降るまで実らせ
雪の中で特別に保存した
「アイスりんご」

今日は初しぼり
「りんご大学」と名づけた
りんご醸造酒をつくるため
りんごをジュースにしました
「シードル」そっくりな「ビール」
どうぞ お楽しみに!

仕事を終え 工場を出ると
屋根雪が音を立ててとけています

もうすぐ春がやってきます

2015年02月13日

昨日「あおもり食産業推進フェア」の
「新商品お披露目会」に参加し
関係者の皆さんに
「りんご葉の茶」を
お披露目しました

エッ りんごの葉のお茶?
どんな味ですか?
体にいいんですって!?

皆さん興味津々
つぎつぎ試飲されます

三村青森県知事にも
お飲み頂きました
知事さん 飲んだとたんに
りんごの笑顔!

「医果同源 りんご葉の茶」

順調に開発が進んでいます
どうぞ皆さま お楽しみに!!

2015年01月25日

今日は日曜日
まるで「ごほうび」の様な好天気

つい数日前の
大寒の寒さが嘘のようです
氷点下3度
積雪も今冬最高の100センチ超えと
ありがたくない新記録

それに比べ
今日は外気温3度 あたたかい!

澄みきった青い空に
雪を頂いた岩木山が
久しぶりに頂上まで姿を
見せてくれました

それだけで幸せ

今日も一日 
よき日でありますように

2015年01月05日

明けましておめでとうございます
今日は仕事始め
玄関で真新しい
「のれん」がお出迎えです

10年間
雨の日も雪の日も
私たちに寄り添ってくれた
初代の「のれん」さん
お役目交代です
色あせた風合いは
私たちのお手本そのもの
きれいに洗って宝物箱に

新しい年は
新しい「のれん」から!
次なる20周年に
思いを託します

今年も医果同源は
「あせらず 休まず 楽しみながら…」です

2015年 私たちの新しい一歩に
ご期待ください

2014年12月30日

今日は御用納め
医果同源社 高齢の 
いえ恒例の お餅つきです
小さな子どもたちも加わり
ワイワイガヤガヤ

満身の力をこめて
「よいしょ〜」

来年も良い年でありますように!
願いをこめて
「よいしょ〜」「よいしょ〜」

つきたてのお餅の美味しいこと
ついつい 食べすぎてしまいます
気をつけなくては…

今年も反省で終わる
りんご店長です

どうぞ みなさま
よいお年を !!

2014年11月23日

ご近所のりんご畑
収穫を終えたりんごの木に
赤い実ひとつ

今年もりんごをありがとう
来年もたくさん実りますように!

神さまに捧げる「木守り(きもり)りんご」

「鳥っこも よろこんで食うべ」
畑のおじいさんが
笑って話しています

鳥さんにも 
しあわせの おすそわけ!

勤労感謝の日
やわらかい日射しの午後です

2014年11月09日

りんご畑の中にある醸造所
弘前シードル工房kimoriを訪れました

4年間 無農薬で育った
医果同源アップルバレーの
りんごたちを使って
シードルを造る相談です

あるがままに育った
りんごたちの甘さ
酸っぱさ 滋味深さが
口の中に広がっていく
そんなシードルを!

世の中 
早く結果を出すことを
求められるけれど
わたしたちは ゆっくり ゆくり

あせらず 休まず 楽しみながら‥‥です

シードル工房 kimori代表  
高橋哲史さんらの
若い力と一緒に
「りんごの恵み 」に
大きな夢を託します!

2014年11月05日

今日は11月05日
「いいりんごの日」

朝から小春日和
天からの贈り物のような
やさしい日射しに
真っ赤な「ふじ」が光っています

「ふじ」はお隣りの
藤崎町で生まれた品種
今年で生誕74年を迎えました
国内では生産量の
半分以上を占める主力品種!

この夏おとずれた
オランダやフランスでも
「ふじ」が栽培されていました
教会まわりのマーケットでは
小粒のFujiが山積みに

ハワイ マウイ島の
ホールフーズマーケットでは
有機認証マークをつけた
オーガニックFujiが
胸を張って並んでいました

今や「ふじ」は
世界中で栽培が進み
「世界で最も多く生産されるりんご」に!

日本で生まれた「ふじ」をはじめ
世界には約15000種もの
りんごの仲間たちがいます

世界中の人々から愛される りんごたち

さて これからは…

健康に役立つ 「未熟りんご」が
世界中の人々に愛される時代が
かならず やって来ます!!

「いいりんごの日」に
りんご店長 またまた
腕まくり 腕まくり!

2014年10月26日

お久しぶり モコ主任です
先週と今週の2週にわたり
モコ主任 日曜出勤しています

先週なんて所長と一緒に
大きなトラックに乗り込み
ビュンビュン飛ばして
りんご園までまっしぐら〜ッ

最近 老人性の白内障がひどく
少し見えにくくなっていますが
鼻がききますので大丈夫です

今日も一日よく働き
帰りの車の中では
うとうと…です

りんご園は
冬の準備で大忙し
来週も「日曜出勤」しようかな〜 わん

2014年10月23日
 
仕事を終えた夕暮れ時
はるか空の彼方から
クークークーと
ひときは甲高いなき声が
近づいて来ます

見上げると 
V字形の見事な編隊!
今年もシベリアから
ハクチョウさんたちが渡ってきました
この光景に出あうたび
胸が熱くなります

仲間たちと一体となり
一羽もはぐれることなく
一羽も失うことのないよう
声をかけ合いながら
南を目指して飛び続けてきた
ハクチョウさん

お帰りなさい お疲れさま
シベリアより暖かい弘前で
ゆっくり ゆっくり 冬休み

医果同源社に遊びに来れば
無農薬の美味しいりんごが
待ってますよ〜

2014年09月03日

フランス・シードル街道のすぐそばにある
ルック・エ・ニコール・ビグノンさんの
りんご園を訪問しました

今回のオランダ・フランスの
「視察」旅行の一番の目的
達成です!

約7ヘクタールのりんご園には
これまで見た どんなりんごより
背の高いりんごの木がありました
皮はナシで中身はりんご
オランダやフランスで栽培されている
最も古い品種の一つです

ルックさんのりんごは
すべてシードル用で
農薬も合成肥料も
全く使用していないとのことです
有機認証をとられているシードルを
ごちそうになりました
「美味しい!」

りんご園では 牛さんたちが
ゆっくり草を食べています
りんご店長 突然大声をあげます

牛さんの うんこ ふんじゃった〜

2014年09月03日

お酒はあまり飲めない店長ですが
シードルは 「とても美味しい」

シードルを蒸留すると
アップルブランディーができます
できたてのブランディーは透明!

そのブランディーを
何年も 何年も
樫の木の樽で熟成させると
有名なアップルブランディー
カルバドスができます

りんごで有名な弘前を
ブランディーや
シードルでもゆうめいな
街にするのだ〜

お酒がよわい
りんご店長の夢は 
フランスで
広がり 続けます

すこし シードルを
「飲み過ぎました」

2014年09月02日

カルバドスと呼ばれる
アップルブランディーは
このフランス・カルバドス地方で作られる
ブランディーだけが使える
「ブランド」です

それだけ この村の人々の
りんご作りと
シードル作りと
ブランディー作りの「情熱」が
やさしく 伝わってきます

りんご園には 
牛や馬や羊や豚が
ゆっくり ゆっくり
草を食べています

農家の一角が「工場」になっていて
ジュースを絞る機械と
シードルを蒸留し
ブランディーを作る
蒸留機があります

この蒸留機で
美味しい 
カルバドスの「元」が
生まれます

2014年09月02日

フランス・ノルマンディー地方
カルバドス県の
ブーヴロン・アン・ノージュ村にいます

フランスで10番以内に選ばれる
人口わずか230人の 美しい村です

弘前市と 「美味しいシードル」を作る
「技術提供」の契約を結んでいます

昨日は 前村長さんとも
お会いしました

美味しいシードルと
有名なカルバドスを
ごちそうになりました

医果同源のりんご園とおなじ
ちいさな ちいさなりんごが
たくさん たくさんなっている
りんご園で

りんご店長 
トレビヤ〜ン

2014年07月30日

今週の 未熟りんごの収穫は
温泉とスキー場の町
大わに町の標高425mにある
医果同源 森のりんご園

医果同源の若いスタッフと
りんご園近くの
ベテラン農家のみなさん
総勢で17名

最年長は81歳のお母さん
地下足袋を履き 
フットワークも軽く
未熟りんごを
もいで行きます

平均年齢70歳以上のみなさん
仕事が速い そして丁寧!
一緒に仕事をしていて
本当に気持ちがいい
さすがプロ
素晴らしい人生の大先輩たちです

老熟パワーと若者パワー
見事なチームワークで
18トン 収穫できました

小さなりんごの大きな力!

今年の未熟りんごも
元気なパワーが
たっぷり つまっています!!

«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 42 次のページ»