ホームよくあるお問い合わせ
定期お届けコース
ご注文
飲用方法
賞味期限・保存方法
成分等
その他



定期お届けコース
ご注文
  • ネットショップで間違えて入力してしまいました。
    お早めに「お問い合わせ」より、メールまたは電話でお問い合わせください。
  • ネットショップでの注文をキャンセルしたいのですがどうしたらよいですか。
    「お問い合わせ」よりメール、または電話でお問い合わせください。商品発送後のキャンセルは出来かねますので、お早めにご連絡ください。代引きでのご注文の場合、ご注文確認後、即日発送の場合があります。また、郵便振替でのご注文の場合、3日以内にご入金いただき、ご入金確認後の発送となります。
  • ネットショップで注文したのに注文確認メールが届きません。
    ご注文確認メールは、ご注文完了後、医果同源オンラインショップのメールアドレス(info@ikadogen.co.jp)から自動送信されます。あらかじめ同アドレスからのメールを受信できるように、メールソフトなどの設定を行ってからご注文ください。また、以下の点もご確認ください。
     ・ご注文の際に、メールアドレスの入力ミスがあった。
     ・ご利用のメールアドレス(プロバイダー)の受信容量制限によるメール受信エラーが発生している。
     ・メールソフトの設定により、迷惑メールフォルダに振り分けられた。
     ・メールソフトで特定のドメイン拒否の設定をしている。
    メールアドレスが間違っていた場合、弊社からの重要な連絡が届きません。至急、正しいメールアドレスを「お問い合わせ」よりご連絡ください。なお、注文確認メールは自動送信となっているため、再送信はできません。ご了承ください。
  • 「りんごジュース医果同源」はどこで売っているのですか。通信販売でも購入できますか。
    「りんごジュース医果同源」のお取り扱い店舗に関しましては、こちらをご参照ください。また、弊社直販のオンラインショップや、お電話、FAXによるご注文も受け付けています。ぜひご利用ください。受付時間は、インターネット・FAXは24時間、お電話は土日祝日をのぞく午前8時30分から午後5時までとなります。
  • 最短の発送はいつになりますか。
    最短のご発送日は、ご注文・お支払いいただく方法によって異なります。以下のご発送日一覧をご覧下さい。
    ○ネットショップからのご注文
     ・郵便振替またはクレジットカード・・・ご入金確認日または翌営業日
     ・代金引換・・・ご注文日または翌営業日
    ○FAX・お電話からのご注文・・・ご注文日または翌営業日
    その他、お急ぎの場合は、お電話でお問合せ下さい。可能な限り対応させていただきます。
  • 上へ↑
飲用方法
賞味期限・保存方法
  • 賞味期限を過ぎたりんごジュースを飲んでも大丈夫でしょうか。
    賞味期限とは、おいしく飲める目安ですから、賞味期限が切れたからといって直ちに飲めなくなるというわけではありません。ただ、徐々に風味は変化して、おいしくなくなってきますので、賞味期限内にお飲みいただくことをお勧めしています。
    参考リンク:農林水産省・食品の期限表示について
  • 開封後、何日くらい持ちますか。
    保存料や防腐剤を使用していないため、開栓後一度空気に触れてしまうと品質が劣化し、カビや雑菌が生えてくる事があります。劣化の程度は商品や保存温度によって異なりますので一概には言えませんが、保管する場合は必ずキャップをして冷蔵庫で保管し、お早めにお飲みください。 なお、定期お届けコース用の1リットル紙パックの場合は、開封後5日間を目安にお飲みいただくようになっております。
  • 「りんごジュース医果同源」の保存方法を教えてください。
    「りんごジュース医果同源」のビン容器と紙パックは直射日光・高温多湿を避け、常温で保管いただけます。開封後は必ず冷蔵庫で保管し、できるだけ早めにお召し上がりください。
  • 上へ↑
成分等
その他
  • 空きビンのリサイクル方法を教えてください。
    分別・回収方法は地域の自治体の指示に従ってください。「りんごジュース医果同源」で使用しているびんは、「ワンウェイびん」と呼ばれ、リサイクル回収後は新しいびんの原料や他用途に再利用されます。
  • 「りんごジュース医果同源」の容器はビンだけですか。
    1リットル入りの紙パックもあります。ただし、定期お届けコース用となっています。
  • 「医果同源」の名前の由来は何ですか。
    皆さんが良くご存知の「医食同源」とは、「病気を治すのも食事をするのも生命を養い健康を保つためでその本質は同じだ」ということ。毎日の食事は健康のために薬と同じくらい大切なものだとする考え方です。この「医食同源」の言葉をもとに、城田安幸農学博士が長年のりんご研究から生み出した言葉、それが「医果同源」です。「医果同源」には、未熟りんごの入ったジュースを毎日飲んで健康を保ってほしいとの強い願いが込められています。
  • 上へ↑