津軽百年のど飴

津軽百年のど飴

映画「津軽百年食堂」を
応援するため
小学館からの 申し出で
「津軽百年のど飴」を
開発しました

創業 安政5年
150年以上続く
[津軽飴本舗」の
武内喜兵衛さんと
弟の 武内 勝さんに
ひとつひとつ
100年前と同じやり方で
手作りしていただきました

砂糖、水飴、医果同源を
同じ比率で入れ
約1時間もかけて
150度の温度で 飴にします

最後は はさみで
ひとつひとつ 手切りにします

今日は その 記者会見
写真は 陸奥新報の記事から
お借りしました