思い出の首里城

思い出の首里城

今朝テレビのスイッチを入れると
速報 首里城火災のニュースが飛び込んできた
最初 何の事だかわからなかった
LIVE映像をみて 首里城が本当に火事だと知りました 

沖縄は義父 城田のお父さんの生まれ故郷
私たち家族5人そろって 初めて沖縄に行ったのは 
今から20年前 1999年の春休み
ちょうど琉球大学の学会に合わせてのスケジュール

首里城の手前まで一緒に行き
夫は琉大へ 私と子どもたちは首里城へ
守礼門をくぐり 正殿へ向かいました
正殿はあまりにも立派!  
入ってすぐ 大きな書が掲げられていました
ルーツを中国にさかのぼる 
琉球王国の著名な書家 鄭嘉訓の書です

城田が以前から言っていた 鄭(てい)さんは
「城田のおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん
ずーっと前の城田のご先祖さま」
鄭さんの書を前にして 温かいものが込みあげてきた

正殿を出て 南口の門にさしかかると
守衛さんがラジオを大音量でかけていた すごい人だかり  
そう! 今日は沖縄尚学 初優勝をかけて甲子園の決勝戦
今まさに最終回 7対2 沖縄尚学 水戸商業を破りましたー!!
首里城 南の門近くは大歓声
 
その日の首里城 威風堂々と輝いていた

写真は 沖縄生まれのスタッフさおりさんが
昨年家族で帰省し 子どもたちと首里城を訪れた時のもの

負けないで おきなわ
ちばりよー おきなわ